トイレのつまりを引き起こす原因として、異物が詰まってしまうということが挙げられます。流すつもりはなくても、トイレの中に落ちてしまったりしても、トイレがつまる可能性があるでしょう。こうした事態を防ぐためには、トイレの中に異物をできるだけ置かないということがポイントです。トイレのタンクの上などにいろいろなものを置いていることもありますが、こうしたものが便座の中に落ちないとは言えません。

落ちてしまっていて、気がつかずに流せば、確実に詰まらせる原因となるでしょう。特に危険なのは、芳香剤のふたや壁に取り付けたタオルです。うっかり落ちてしまえば、原因となってしまうのですから、ものを置かないようにするだけで予防になります。

持ち込まないということも重要です。子供がいる家庭の場合、おもちゃを持ち込んで落としてしまうというケースもあります。こうしたことは、しっかりとしたルール作りをすることで予防することができるでしょう。気づかずに落としてしまうものに、使い捨てカイロや湿布のようなものがあります。背中に張っていたものが落ちてしまいつまらせるということもありますので、便座に座る前に、自分の体に何かつけてなかったかなどを確認すると予防になるでしょう。

Comments Are Closed!!!