トイレのつまりを予防するために、最も重要なことは、詰まるようなものを流さないということです。詰まるようなものを流せば、どうしても詰まってしまうのが道理ですから、流してはいけないものを理解しておくことが、予防につながるといえるでしょう。

トイレのつまりの中で一番多いのが、ティッシュペーパーです。即座にといれのつまりを引き起こしてしまうわけではありませんが、ティッシュペーパーは水に溶けません。1枚でも溶けずに残るほど、水に強いものになるため、複数のティッシュペーパーを流してしまえば、詰まってしまう可能性が高まります。

流せる商品であっても、できるだけ流さないということも重要です。流すことができるのは確かですが、つまる可能性がゼロではないということも忘れてはいけないでしょう。ティッシュペーパーなどよりも厚みがあるものがほとんどです。つまらないわけではないということを忘れないでおくべきでしょう。特に流せる猫砂等は、水を吸うと膨張するため、つまったときには大きな問題になります。

トイレのつまりの予防としては、トイレットペーパー以外は流さないということです。もちろん、大量に流せば詰まる可能性は否定できません。使いすぎる人は、温水便座などを利用することを考えると、予防策になるでしょう。

Comments Are Closed!!!