節水が問題になる

節水が問題になる

admin No Comments

トイレは水を使うことで流せます。水が流れないからトイレのつまりが問題になるでしょう。ここで重要になるのが、トイレには必要となる水の量があるということです。適切な水量を確保することができなければ、つまってしまうことが出てきます。

節水ということは重要です。無駄に資源を使わないという意味もありますし、水道代ということでも、節約することは意味があります。ですが、トイレのタンク部分にペットボトルを入れたりする節水は、確実に詰まりやすい状況を作ってしまうのです。ペットボトルを入れることによって、必要な水量を確保できなくなりますので、それだけ流れが悪くなってしまうことになるでしょう。節水弁などもありますが、こうした節水方法も、その便器にあっている水量ではありません。結果として、トイレのつまりが起こりやすくなり、故障する可能性が高まります。節約するつもりが、余計な出費を増やすことにつながるのです。

トイレをつまらせずに使うことは、機能を維持するためにも重要な意味を持ちます。もし、節約をしようとするのであれば、節水ができるモデルに入れ替えたほうが確実で間違いがありません。機能を制限させ、失わせてしまうような方法は、余計な出費も問題も抱えることになりますので、つまらないように使っていくことが大切です。

異物を持ち込まない

admin No Comments

トイレのつまりを引き起こす原因として、異物が詰まってしまうということが挙げられます。流すつもりはなくても、トイレの中に落ちてしまったりしても、トイレがつまる可能性があるでしょう。こうした事態を防ぐためには、トイレの中に異物をできるだけ置かないということがポイントです。トイレのタンクの上などにいろいろなものを置いていることもありますが、こうしたものが便座の中に落ちないとは言えません。

落ちてしまっていて、気がつかずに流せば、確実に詰まらせる原因となるでしょう。特に危険なのは、芳香剤のふたや壁に取り付けたタオルです。うっかり落ちてしまえば、原因となってしまうのですから、ものを置かないようにするだけで予防になります。

持ち込まないということも重要です。子供がいる家庭の場合、おもちゃを持ち込んで落としてしまうというケースもあります。こうしたことは、しっかりとしたルール作りをすることで予防することができるでしょう。気づかずに落としてしまうものに、使い捨てカイロや湿布のようなものがあります。背中に張っていたものが落ちてしまいつまらせるということもありますので、便座に座る前に、自分の体に何かつけてなかったかなどを確認すると予防になるでしょう。

流すものを決める

admin No Comments

トイレのつまりを予防するために、最も重要なことは、詰まるようなものを流さないということです。詰まるようなものを流せば、どうしても詰まってしまうのが道理ですから、流してはいけないものを理解しておくことが、予防につながるといえるでしょう。

トイレのつまりの中で一番多いのが、ティッシュペーパーです。即座にといれのつまりを引き起こしてしまうわけではありませんが、ティッシュペーパーは水に溶けません。1枚でも溶けずに残るほど、水に強いものになるため、複数のティッシュペーパーを流してしまえば、詰まってしまう可能性が高まります。

流せる商品であっても、できるだけ流さないということも重要です。流すことができるのは確かですが、つまる可能性がゼロではないということも忘れてはいけないでしょう。ティッシュペーパーなどよりも厚みがあるものがほとんどです。つまらないわけではないということを忘れないでおくべきでしょう。特に流せる猫砂等は、水を吸うと膨張するため、つまったときには大きな問題になります。

トイレのつまりの予防としては、トイレットペーパー以外は流さないということです。もちろん、大量に流せば詰まる可能性は否定できません。使いすぎる人は、温水便座などを利用することを考えると、予防策になるでしょう。

困るトイレのつまり

admin No Comments

水回りの中でも、トイレは使わない日がない設備です。最も頻繁に使われる場所でもありますが、それだけにトラブルも起きやすい側面を持っています。トイレのつまりは、正常に使うことができなくなりますので、機能を失うことになってしまうため、非常に大きな問題になるでしょう。修理をするとしても、出費も大きなものとなる可能性がありますので、切実な問題となってしまうのです。

トイレのつまりが起きないようにするためには、原因を作らないということが挙げられます。トイレに流してはいけないものは、少量でも流せば故障させてしまう可能性が高まることになるでしょう。流してはいけないものは、決して流さないようにするだけでも、長く正常に使っていくことができます。これ以外にも、自然と流れが悪くなって行くこともあるのです。

前兆として、水を流した後の水位が高くなっていることや、水量が少なくなっていることが挙げられます。こうした前兆は、トイレという設備に問題が出てきていることが考えられるものです。できるだけ早期に設備会社に連絡し修理をしてもらうことも検討するべきでしょう。

これ以外にも、トイレのつまりを起こす原因がいくつもあります。予防策をしっかりと講じておくことによって、使えないと困るトイレを守ることもできるようになるのです。そのほとんどが難しいことではありません。当たり前のことばかりではありますが、確実に守ることがトイレを守ることとなるのです。

関連HP…水道救急センター